お墓参り

a0070671_1841438.jpg

 イースターは久々に旦那の実家ダボへ戻っていました。



↑の写真はブリスベンからダボへ向かう田舎道!!
10時間の車の旅は正直きついのですが、こういう風景に出会うと田舎道も悪くないかなぁ〜。。。でも道端にはカンガルー&ワラビーの死体がごろごろしていましたが。。。(苦笑)

2年ぶりのダボへの旅は、大人ばかりでつまらなかったフミちんには悪いのですが、充実した日々でした。もちろん旦那中心の帰省でしたが、旦那の両親をはじめ、親戚一同、何年も会っていなかった旦那の親友たちと久々に会えてとってもよかったです。

そして今回やっと実行できたのが旦那の祖父母のお墓参り。実は去年旦那の叔父の死去の際、地元のお墓に骨を埋めてほしいという彼の要望があり、前から行きたかった旦那の祖父母のお墓参りおよび叔父のお墓参りとなりました。

旦那の叔父は彼の意思により火葬となったので、骨だけ彼の故郷に戻し埋めたのですが、周りをみると土葬であるであろうというお墓が多いこと多いこと。。。。お墓には享年はもちろん、中には死因が書いてあったり、写真があったりと様々で、お墓ひとつでここまで多様なんだなと少しびっくりしました。それに1900年代前半のお墓には幼くして命を落とした子供たちが多く、改めて幼い子供の疫病に対する免疫の弱さを感じたものです。お墓参りに行くことで昔のオーストラリアに会えた気がしました。
[PR]
by migichan6 | 2011-04-29 18:41 | 街のお話
Copyright © Fumichanppe. All Rights Reserved.