シドニーの医療事情

 先々週&先週は色々なことが重なり、今思えばよくやったよなぁ~~なんて我ながら関心します。もっともよくやったんじゃなく、やらざるを得なかったっていうのが本音なんですけどね(苦笑)

 このお話もそのひとつ。

 旦那のお母さんは6人兄弟の末っ子&しかも彼女は唯一の女の子。という訳で、お兄さんにかなり可愛がられている。60を過ぎた今でも仲良し。

 その義母のお兄さんが、心臓の手術でシドニーの病院に来るのでお見舞いに行こうという話が先々週持ち上がっていた。心臓の手術って大丈夫なの??って本気で心配していたんだけど、一向にやってこない。え?心臓が悪いんだったらかなりよくないんでしょ?なんで早く手術しないの?って旦那に聞くと、病院側で未だ準備ができていないって言われ入院を先延ばしにしているようだ。先延ばし?ってあんた、死んじゃったらもともないじゃん。入院を待ち焦がれるなんて変な話だけど、結果的にはそういうことになってしまった。で遂に先週やって来て、お見舞いに行ったところ、で、手術は何時なの?ときくとまだ分からないって。。。。手術の予定なしで入院。。。なんじゃそりゃ。。。

 ちなみに彼の手術は未だされておらず、痺れを切らした叔父様はウーロンゴンにいる兄弟の所へ一時退去したところ。今でも異常が無くいられるのは嬉しい限りだけど、何とかして下さい、シドニーのお医者さん。。。

 
a0070671_2210412.jpg

[PR]
by migichan6 | 2007-02-16 22:10 | 街のお話
Copyright © Fumichanppe. All Rights Reserved.