カテゴリ:恋愛のお話( 10 )

もうひとつの記念日

  バレンタインデーにはNRMAからバラを贈ってもらい、旦那は必要な出費が抑えられたと満足しておりましたが、(そもそも彼は最初っから買う気はなかった)そんな祐著なことはいえないのがこの時期なのであります。なぜならば。。。結婚記念日がバレンタインの3日後に控えているのです!

  あ!っという間に7年も経ってしまいました。信じられない。。。思えば、一生に一度なんてけち臭いこといわないで、二回くらい結婚する気で結婚しちゃえくらいの勢いで結婚した私。(こいうところはケチらない私♪)なんとか未だ続いています(苦笑)

  結婚記念日の前日はは丁度給料日後ということもあって、美容院に行ってきました。(なんのこっちゃ)久々に誰の世話もやかず、自分の世話だけを看れる極楽日♪ブリスベンの日系の美容院って結構少ないんですよね。ローカルの美容院で何度も泣きをみているので、今は冒険せず、日系の美容院にいつも直行してます(苦笑)


a0070671_19415728.jpg
  美容院で荒れ放題の頭を治したあとは、家にすぐ帰る。。。わけないじゃないですか~♪ちょっと街をぷらぷらするつもりが、結構本格的にお買い物しちゃったり。

a0070671_19421748.jpgお寿司まで一人で食べてきちゃいました~ひっひっひ。ブリスベンにも寿司トレイン(回転寿司)ありますよ~!

  お寿司も食べたし、頭もきれいになったし、これでマッサージなんかいけたら極楽だろうな~なんて一人妄想しながらショッピングを楽しみ、適当なところできりあげました。やっぱり一人の時間って結婚して子供ができても必要~!(強調!!)

a0070671_1946775.jpgと記念日の前から勝手にひとりで楽しんでいる私。記念日の当日は水泳教室の後、St Luciaにあるカフェに行ってきました。


a0070671_19462220.jpgもうふみちんもカフェにいけるようになって母さん、嬉しいわ~。って赤ちゃんの時から連れて行っているOZ多いんですけどね。そこらへん見習わなきゃ!


  ここのカフェ、コーヒー自体はフランチャイズものって感じだったけど、ケーキはそれぞれ違う絵柄のアンティークのお皿に盛られていて、オーナーのお菓子に対する熱意を感じました。ふみちん、ケーキ美味しい?
a0070671_1948297.jpg

[PR]
by migichan6 | 2008-02-18 19:48 | 恋愛のお話

おにぎりナンパ

  12月になってしまいましたね~。今年も残すところ一月をきってしまいましたね。みなさまその後いかがお過ごしでしょうか?余談ですが、田舎育ちの旦那は毎月1日に、『Pinch and a punch for the first of the month』と言って殴ってきます。(DVだ、DV!笑)

  さてさて、今年最後の月の最初の日に飾るべきブログネタ、ナンパネタです。って私もうそんな歳とっくに過ぎているんですけどぉ~~(苦笑)

  とすっかり恋愛体質から抜けてしまった産後3年目の私。そんな私に一人変わり者目の肥えた殿方が本日現れたのです!世の中捨てたものではありませんね(笑)。

  とはいってもここオーストラリアで私のような者をナンパしてくるのはたかが知れてます。日本人好きなOZ。なので狙ってるのは私ではなく、日本人なのであります。ここオーストラリアには日本語の話せるOZが本当に多いこと多いこと。頑張って英語を勉強する必要なかったな~~。って全然懲りてない私です(笑)。

  ちなみに日本語が話せることと日本語の会話ができることとは話が違います。丁度私がOZの会社で日常会話ができないと嘆いているのに近いように。。。それでも久々に声をかけてくれたこのOZを逃すものか!と必死に話しに耳を傾ける私(笑)。君の英語上手だね~とか、どこ出身なの?とかまぁ、いいとしよう。『君おにぎり持ち歩いている?』っていう質問はなんなのよ(怒)!!一瞬どう反応していいのか分からず思わず、『おにぎりを作れるくらい粘り気のあるおコメ探すの難しいんだよね~』って正面から答えてしまった私。。。そんな正面から答えた私のコメントに彼は『ミディアムグライン(OZのジャポニカ米です)なんかいいんじゃないの?』と彼もまた正面から答えているのでした。。。ってどんなナンパなんじゃい!!(笑)

  もちろん、その後はふみちんと旦那のおでましで何事も起こらず健全なお別れをし、久々のナンパは、こんなもんで終えてしまったのでありました。。。とほほ。。。  
[PR]
by migichan6 | 2007-12-01 20:10 | 恋愛のお話

乙女ごころ

  今日はふみちんにとって、待ちに待ったあの方と再会する記念すべき日。

a0070671_18252866.jpg一年前彼のBirthday Partyにお呼ばれしてから、ずっと彼のことが忘れられず、ずっとダディにお願いしていたんだけれど、彼はダディの友達の友達のお坊ちゃん。ダディは恥かしくって、なかなかデートをアレンジしてくれなかったんだよね。可哀想なふみちん。父親に既に恋路を邪魔されているとは。。。

  でもその重い腰をやっと持ち上げて、遂にその日をセットアップしてくれました!ちょっと緊張気味だけどウキウキ気分♡

a0070671_18304834.jpgでも実際に会うとやっぱり恥ずかしくって見つめているだけのふみちん。。。マミィが『ほらアタックしなさいよ』、ってせかすけれど、彼女はマミィみたいに【来るもの拒まず、去るもの追いまくりの精神】にはなれないのよね(笑)

a0070671_18322084.jpgそんな恥かしがり屋のふみちん、それでも好きな気持ちを抑えられないのか、ず~~とA君から離れず、彼のサポートをしてます。

a0070671_18331648.jpgそして、彼を見つめる眼差しは結構本気?理屈なしで好きになるってこういうことなのかしら??


a0070671_18335625.jpgどんなリアクションを受けてもやっぱり彼が♡なふみちん。あ~この一途な想い、もう私には出てこないのかしら。。。
[PR]
by migichan6 | 2007-06-10 18:41 | 恋愛のお話

OZ旦那はぐうたらか?という論争

  OZはLazyとよく揶揄されるものです。その意見に対して【そんなことはない!】と声をあげて反対できるほどわたしはOZ想いでもなく、かといって【そのとおり!】と同意するほどOZ観察歴が浅いわけでもありません。。(あ、言っちゃった。。)

a0070671_1558378.jpg
  でもこんなキレイなビーチを目の前に見せられたら。。。私だったら、もう仕事なんかいいや、ビーチ行っちゃえ、なんて思っちゃいますね。

  

a0070671_1625374.jpg
  おまけに会社の同僚に【今、人気のいないCoogee BeachでBeerとステーキを堪能してるところ】といらんことメッセージで残してしまいます。。。翌日の復讐劇も考えずに。。。
  

a0070671_15591268.jpg
  まぁ、お父さん業はLazyじゃないので許す!ということにします。(笑)



 (注)この日は平日でしたが、きちんとAnnual Leaveを出してますのでご心配なく。。。
[PR]
by migichan6 | 2007-05-18 16:03 | 恋愛のお話

オーストラリアでの挙式

 今月は久々に挙式ブームで、二件のカップルのめでたいお席にお呼ばれされました。(実は未だ1件残っているのですが。。。)

 シドニーでの挙式=海外挙式ということでさぞかし煌びやかな世界が待っているのでは。。。なんてその昔は思っていたのですが、思えば自分もここに住処を構える以上、海外挙式ならず地元挙式なわけであります。

 とはいえ、自分の挙式こそジミ~~なものでしたが、皆さんやってくれます。やっぱり結婚式っていいものだなぁと久々にときめき。。。ません(笑)!でも幸せな挙式に参加すると単純な私はこっちまでも幸せ感じるもので、もう一回くらい式を挙げたいな~~って危ない発言をしてしまします(笑)

 で、前ふりがながいので、肝心なセレモニー/レセプションが見たいんだけど。。。と突っ込まれそうなので、早速写真を!


a0070671_2039295.jpga0070671_20391917.jpg


 今回出席させていただいたカップルの挙式はランチレセプション。最近は多いんですよね。ランチウェディング。ランチウェディングって出席する側にとってとってもありがたいんですよね。あまり気張らなくっていいし。という私達もランチレセプションでした。と我田引水してみました(笑)

a0070671_20421255.jpg

[PR]
by migichan6 | 2007-04-30 20:42 | 恋愛のお話

独身と非独身の境目

 最近娘が私のマネをして脇の下に剃刀をあてる。。。(汗)娘は今、何でもマネしたがりやなので、なるべく粗相のないよう気をつけているつもりなんだけど、トイレまでに一緒に来られるくらいべったりの娘に隠し事はないようなもの。

 ところで、この間友人がシドニーのクリニックのパンフレットをくれた。シドニーでも美容系のクリニック結構あるんだぁ~と改めて自分の行動範囲の狭さに反省。脱毛クリニックなんて日本にでも行かなければだめかと思っていたんだけど、これって私がはなっからシドニーにはないって決め付けていたからなんだろうな~。脱毛に興味のある方はこちらのサイトへ。The Vanity Clinic

 そういう偏見に加えて、子供を産んでから(いや、結婚してから??)自分に興味を持たなくなり、化粧に手抜きが始まったことから、ダイエットに手抜きが出、服装に手抜きが出、とだんだんおばさんコースに足が向き始めていることに気づく。。。。

 いかん!いかん!女を捨て始めている。怖いな~。。。。という訳で実は友達のくれた美容クリニックのパンフレットに興味津々な私でした。。。。と思いながらも今更やり始めて何を色気づいたんだと思われるのも怖かったりして。。。。(ちょっこっと本音)
[PR]
by migichan6 | 2007-01-24 20:55 | 恋愛のお話

仕事と私とスローライフ

 『私と仕事とどっちが大切なの??』という台詞がず~~と以前ありましたなぁ~、と思い出す今日この頃。この台詞を聞いたとき『そんなの仕事に決まってるじゃん』なんて思っていた、あの頃。。。(だから婚期を逃し続けたっていう話もあるけど)まさかその台詞を旦那から言われる日がくるなんて夢にも思っていなかった。。。。

 え?じゃあ言われているの?と驚くなかれ。。。だってOZと結婚し、仕事をばりばりこなし、残業もなんのその、という日本人女性は結構この台詞を言われているらしい。以前シドニーの日系の会社に勤めていた私は、面接官(当時の上司)に『君の旦那さんは帰りが遅くても大丈夫ですか?』と言われ、何でパートナーのご機嫌伺っているんだ?と思ったが、あ~このことかと思う日々。

 今働いている会社は米国系の会社だが、これまた残業が多く、やはり決まって旦那のグッチー攻撃が始まる。以前は無視の一点張りだったけど、最近は娘をだしにしてくるのでこれがやりにくい。まぁ、彼の言うことも一理あるんだけどね。

 話はちょっとそれるが、OZはLazyなのが多いと兎角批判されがちだが、私の知っている範囲ではそれはちょっと違う気がする。彼らの基準はあくまでも生活であって仕事はあくまでも生活を支えるもの。だから仕事=生活になるのが気に入らないらしい。

 ところが最近はOZでも残業する人が増えてきているらしく、そんな理想論を通すのが難しくなってきているらしい。

 私の旦那は田舎出身だけど、彼の親戚に言わせるとシドニーはテンポが速すぎるっていて、シドニーだけは住みたくないと言っている。

 スローライフが日本でも言われていることを思い出したけど、忙しい生活に慣れてしまった私、このままだと生活を楽しまずに人生終わりそう。そろそろスピードを調整する時期がきたのだろうか?
[PR]
by migichan6 | 2006-11-23 21:12 | 恋愛のお話

電車女

 前回恋愛のお話で私たち夫婦はネットで知り合ったことを告白しちゃいましたが、本当にそんなんで結婚なんかできるのか?と不思議に思われるかもしれません。実はこれはネタだったのか?ってね。

 で、何でネットで知り合った恋愛が怪しまれるのか自分なりに分析してみました。

 其の一:出会い系での犯罪ニュースがあまりにも衝撃だったから。
 其の二:ネットの世界があまりにも仮想化されているから。
 其の三:第一、メールの交換だけで性格わからないじゃん!!

 ってとこでしょうか?其の三の理由は本当にごもっともで、虚偽の自画像を相手に印象づけることだって可能です。ほら【わたし、20歳のぴちぴちな日本人女性で、知性もばっちしな英語堪能なぎゃるで~す】ってね(笑)確かに私の知り合いで最近そういう被害にあったOZ男も知っている。。。しかも彼は彼女に会いに、アメリカまで行こうと考えていたところ、相手から真実を告げられたらしい。。。。実は私、かなり年齢のいった、おでぶちゃんなアメリカ人なんです。。。って。

 でも私は文章は性格がでると思う。特に文章のセンスはまさにそれで、今こうしてブログに文章を考えるにもやっぱり性格が出てくる。ここだけの話?今の旦那とメール交換している時、もう一人メール交換していたカナダ出身のペンパルもいた。今の旦那もそのカナダ人の彼もあまりPush Pushするタイプでなかったのでだからこそ続いたんだと思う。それにメール交換を続けたいと思わせる文書は決して失礼ではないし、それに何よりも文章が楽しい。それは結婚した今でも会話が当時のメールと変わらぬセンスがあったりするものなんだよね。

 今でこそそう言えるものの、実を言うと出会ったその直後が結構大変だった。なんせ、相手はメールから彼の私に対するイメージが出来上がっていて、それを思いっきり感じていた私はこれをどう崩すべきか本当に悩んだ。結婚する気があるんだったら尚更、何度も君の抱くイメージとは全く違うから、もし辞めるんだったら今のうちってよく言ってたっけ。

 と出会いからのエピソードを書き始めるときりがないんだけど、私はここで声を大にして言いたい!ペンパルの【パル】は友達のスラングなんだって~!ってそうじゃなくって、ネットの出会いも捨てたもんじゃないよ~。という訳で、ネットの出会いを応援するような文章になってしまいました。なお、本記事は出会いの情報の提供を目的として作成されており、法律的アドバイスとして作成されるためのものではありません。。。。と大胆のようでちょっと慎重な私の性格でした(笑)



 
[PR]
by migichan6 | 2006-08-17 14:31 | 恋愛のお話

出会いは出会い系?

 話は前後しますが、辛口な前回のお話のお口直しを・・・・

 私もそうだけど国際結婚カップルの出会いって気になりますよね?実は私はあまり大きな声で言えるような出会いではなかったんだよね・・・

 シドニーで初めて働いた日系会社で知り合ったI君。当時学生だった彼にどこで旦那に出会ったのかと聞かれ、【今は君にはまだ早いから♪】と言ってその場を逃げたことがある。だって出会いってインターネットのペンパルだったんだも~ん。。。当然は私は日本在住、G君はオーストラリア在住でスタートしたんだけど、まさか結婚するなんて思ってもみなかったので、最初はてきとーなメール交換だったんだよね。。。

 実際事の成り行きで私がシドニーに来ることになってしまったんだけど、当時28歳の私は今までの振られまくりの人生から学んだ疑りの目もあったので、思わず渡豪する時、VISAの話の時に【婚約VISAで行こうと思うんだけど】と脅してやりました。そしたらあっさりと【そうしてよ】と言われ今に至った訳であります。

 今は某米国系会社で働いていますが、ここの会社に入る時、某米国系の人材紹介会社のリクルーターJoeに面接をしてもらった時、なぜか私の職歴よりも旦那との出会いについてこと細やかに質問されたのですが、きっと彼は今頃ネットで将来の奥さんを探しているのかな~と思う今日この頃であります。。。。私も一人の青年に夢を与えたのかな??

*Google_Mammy&Dada_Deai_Search!
a0070671_233423.jpg

[PR]
by migichan6 | 2006-07-29 23:03 | 恋愛のお話

旦那の調教

 やっとこ重い腰をあげたつもりで恋愛の話です。といいながら最初っから辛口な話なんですけどネ。。。おほほほ。。。

 所帯を持って?誰にでもぶつかる話。どう旦那を調教してる?ってはなし♪中にはそんな話と無縁でらぶらぶなカップルもいると思いますが、うちは運悪くそうなりませんでした。とほほ。。。

 そもそも私も旦那も縁遠い性格で、お互いぶつかりあう要素満点なのですが、不幸中の幸いとでもいうか、どうせ他人だしはたまたガイジンだから、どーせ分かりっこないっかで殆どことは終わってしまう。それに以前旦那のお兄さんに【いやになったらいつでも別れてもいいんだよ】と激励されたこともあって、我が家はみんな私の見方♪(ってちょっと怖い?)

 ちなみに私はむかついたら無視の一点張りなんだけど、せいぜい一日くらいしかもたない。この話を旦那は同僚のOZの女の子に話したら【甘い、私なんて一週間は口をきかない】と言われたそうな。。。(ちなみに彼女は結局離婚したそうです、OZ女性たくましい~!!)

 子供も生まれた今は以前に増して強気な私♪なので喧嘩すると決まっていう捨て台詞が【オーストラリアの永住権もあるし、子供いるし、養育費の取立て方法も知っているし、仕事もあることだし、一人親の方が手当て一杯もらえるし~もう怖いものなしぃ~~!!】とつ・ぶ・や・くのである。これ読んだだけで世のお父様がたを敵に回したこと間違いないでしょう(笑)

*ここまで飼いならすことができました♪
a0070671_2183729.jpg


 続く。。。。
[PR]
by migichan6 | 2006-07-29 22:14 | 恋愛のお話
Copyright © Fumichanppe. All Rights Reserved.