<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

OZ Kids VS Fumico

  家が売れてからなかなか家を出ないな、まさかあの話はガセネタ??と思っているかと思います。そうなんです、家が売れてさっさと日本に一時帰国する予定だったのですが、退去日の予定やら何やらでまだシドニーに残っている私。。。そんな暇人を哀れに思ったのか、なぜか旦那の田舎Dubboに招集されてました。

  旦那の転勤をいいことに我が家を売って引っ越すのを機会に実は旦那のご両親も移住する計画が裏には潜んでいたのであります、今回の引越し劇。。。(ち、はめられた)

  まぁ、家族が近くに住むのは楽しいのでいいのですが、今回招集があったのも実は旦那の実家の改装の手伝い、そして私は使えないということで、子供達の子守を命じられたのであります。はは~~~。(なんのこっちゃ)

  で、今回の敵、ちびっこたち。見た目から手強そうでしょ。。。


a0070671_22594815.jpg
  
で、そんな悪がきんちょ達を鎮めるために私が考えたのが、これ。


a0070671_2321149.jpgジンジャーブレッドマンビスケット作り。最初は粘土でも作って遊ばせようかと思ったんだけど、粘土を作ったら作ったで部屋を汚してまた仕事が増える→なので食べられるクッキーを粘土代わりに。という公式。型抜きが売っているこのご時世で、ナイフを使って切り取りました。

a0070671_2351026.jpgいや~、この作戦、大失敗。なんせ、型抜きが始まると自分達でうまくきれないもんだから、『きってくれ~~』攻撃が開始。模様付けのアイシングもやんやんでうっさい。食べている時だけがおとなしかったような。。。

a0070671_2372198.jpg続いて先日から始まったリカちゃんのお部屋作り。これもまた失敗。だって私が嵌ってしまって、子供達の要望を無視して黙々と作業するもんだから、子供達はフキゲン。でも完成後はかなり楽しんでいたいみたい。

a0070671_2393427.jpgそんな子守をしている間、旦那は何をしていたかと言うと、コレクションの漫画整理。ほら、漫画だらけでしょ!優しい友人達は旦那のことオタクと決して言わないけど、これを見て考え直すかも。。。


  という訳で、長かった待機期間を経て7月2日の夜、娘と私はシドニーを発ち、日本に一時帰国致します。それから3週間ほど日本に滞在してからブリスベンに向うことになりました。旦那は一人ブリスベンに単身赴任で~す。日本の皆様お時間がありましたらどうぞ遊んで下さい。このブログも一ヶ月ほどお休みします。次回はブリスベンから日本滞在時の話からはじめさせてもらいます。。。こうご期待??
[PR]
by migichan6 | 2007-06-26 23:14 | 子育てのお話

嵐のあと。。。

  夫婦喧嘩の後をにおわすようなタイトルですが、天気のお話です。

  先週は数少ないオーストラリアの公休日3連休でしたが、生憎ず~と、雨、雨、嵐の天気。ここシドニーも一応雨模様の天気があるわけです。

  ちなみに『~模様の天気』は気象用語で意味が色々解釈され誤解を招くそうなので用いないそうで、ここでは大荒れの天気が続いてました、とでも言い換えておきます。大荒れとは暴風警報級の強い風が吹き、一般には雨または雪などを伴った状態だそうです。(参考:天気とその変化に関する用語

  またもやくだらないトレビアに付き合ってくださった皆様毎度ながら感謝です。で、この大荒れの定義でもある、雨または雪。。。雪はオーストラリアではありえないような~とお考えのあなた!なんとその雪、発見したのであります!

a0070671_14223069.jpgほら!積雪駆除作業やってるでしょう~~!しかもあの有名なBondi Beachで!
a0070671_14234835.jpgほらほら、ふみちんのお友達D君も嬉しさのあまり、登っちゃったりして。
a0070671_1425076.jpg実はこれ、先日の暴風のせいで沖に砂が押し寄せられてしまったため、積雪駆除ならぬ積砂駆除作業だったのであります。それにしてもこういう駆除作業の仕事があるんだという発見という、普段見れない社会勉強をさせられたものです。
a0070671_14275077.jpgそれともうひとつの発見。OZは真冬でも平気でビキニとかで海水浴しますが、あれを見て彼らの体感温度に感心させられたものでしたが、そうではないんです。真冬の海水って温かいんです!これは娘のふみちんが海で遊びたいと言い出し、しぶしぶ付き合ったら温かかったんですね~。まさに目から鱗。OZを馬鹿にしてスミマセン。彼らの方が自然をよく知っていたんですね。
[PR]
by migichan6 | 2007-06-14 14:31 | 街のお話

カツ丼刑事

  毎日の食事の献立は私にとってかなり頭の痛い仕事。仕事を言い訳にできたあの頃が懐かしい。。。

  そんな時、助け舟を出してくれた友達のNさん。親子丼なんていいですよ、と言われそういえば、丼ものを作っていない我が家。じゃあ、早速丼ものにチャレンジ!!

  以外に思われるかもしれないけれど、オーストラリアって鶏肉が結構高い。それに加えて旦那は味に関しては滅多に文句は言わないけれど、食材のことになるとうるさい。どこどこ産の鶏でなければ。。。じゃないけれど、胸肉以外はパスだとか、ましてや肝なんてご法度。牛でさえもVeal(子牛)はヤダだとか、やれなんやかんやとうっさいのである。

  なので、無難なカツ丼が採用されました。ところでカツ丼といえば取調べ中のカツ丼伝説ですが、本当にカツ丼食べれるのかなぁ、といつもの事ながらくだらないことを考えながら料理をして、気になったので調べてみました。

 実際にはカツ丼出したりしないと思いますよ。でないとこの不況の折、カツ丼食いたさに犯罪する人がいそうです。(実際、住むところが無いので刑務所に入りたがる人もいる)おそらく映画かドラマでそういうシーンがあり、一般に広まったのでしょう。怒るたびにちゃぶ台をひっくり返すと思われている星一徹と同じです。一徹も、ストーリーの中でちゃぶ台をひっくり返したのは一度きり(それも、ひっくり返そうとしてやったわけではない)です。
 カツ丼が高価だった時代に、貧乏→食うにこまって犯罪→カツ丼など長らく食べてない→刑事の暖かい人情とおいしいカツ丼にホロリ→改心という図式が、見ている人にしっくりきたのではないでしょうか。
 実際、人間腹が減ると怒りっぽく凶悪になるそうで、デパートのクレーム係はクレームを言いに来た人にまず何か食べさせる、という噂を聞いたことがありますよ。

a0070671_18323518.jpg

 お味噌汁をコップに入れるところがOZっぽいでしょ?
[PR]
by migichan6 | 2007-06-13 18:32 | 家事のお話

創作活動の真意

  以前友達のMちゃんからリカちゃんを頂いて以来すっかり、リカちゃんの虜になっている旦那、もとい、娘ふみこ。そのリカちゃんと一緒に、リカちゃんシリーズのカタログまで、肌身離さず大切に持っているふみこは夢があった。。。

a0070671_2161828.jpgそれは、彼女に家を建ててあげること!って家を建てるって私の夢でないのかい??ここにも親の背中を見ながら育つ子がいるのでありました。。。

a0070671_2165745.jpg実はこれ、お友達のNさんの手作り!先週放送されたABC KidsのPlay School
 と言う番組で一目惚れした手作りドールハウス(番組ではFaltといってたけど)。この番組以来、ずっと娘に作って作ってとおねだりされていたのであります。

a0070671_2171952.jpgこのPlay Schoolは娘と私のお気に入りの番組。オカネを出せば簡単に玩具なんて手に入る世の中で、工作を教えているこの番組に私は以前から不思議に思っていたんだけど、こうやって一から物を作るというのは、なかなかアイデアが出てこなくって、普段使ってない右脳が刺激されるのである。



  実際小物はあまりにもアイデアが出てこなかったので、結局既存の小物を使ってしまったんだけど、一から物づくりができないことに、ちょっとショックを感じた私。まるごとばななのケーキ巻き巻き特訓に続いてこちらもムキになりそうな気配。。。(苦笑)ちなみにこの工作意欲に火をつけさせられたPlay Schoolという番組。大人の私が嵌るほどお勧め番組です。Play School
[PR]
by migichan6 | 2007-06-11 21:23 | 子育てのお話

乙女ごころ

  今日はふみちんにとって、待ちに待ったあの方と再会する記念すべき日。

a0070671_18252866.jpg一年前彼のBirthday Partyにお呼ばれしてから、ずっと彼のことが忘れられず、ずっとダディにお願いしていたんだけれど、彼はダディの友達の友達のお坊ちゃん。ダディは恥かしくって、なかなかデートをアレンジしてくれなかったんだよね。可哀想なふみちん。父親に既に恋路を邪魔されているとは。。。

  でもその重い腰をやっと持ち上げて、遂にその日をセットアップしてくれました!ちょっと緊張気味だけどウキウキ気分♡

a0070671_18304834.jpgでも実際に会うとやっぱり恥ずかしくって見つめているだけのふみちん。。。マミィが『ほらアタックしなさいよ』、ってせかすけれど、彼女はマミィみたいに【来るもの拒まず、去るもの追いまくりの精神】にはなれないのよね(笑)

a0070671_18322084.jpgそんな恥かしがり屋のふみちん、それでも好きな気持ちを抑えられないのか、ず~~とA君から離れず、彼のサポートをしてます。

a0070671_18331648.jpgそして、彼を見つめる眼差しは結構本気?理屈なしで好きになるってこういうことなのかしら??


a0070671_18335625.jpgどんなリアクションを受けてもやっぱり彼が♡なふみちん。あ~この一途な想い、もう私には出てこないのかしら。。。
[PR]
by migichan6 | 2007-06-10 18:41 | 恋愛のお話

昼下がりのふみこ

  ずっと働きづめだった私は娘が寂しい思いをしていると思い込んでいたので、仕事を中断したら毎日一緒にべったり遊んでもらうって心に決めていていたわけですが、それはどうやら私の勘違いだったようです。

a0070671_20304492.jpg確かに、一緒に遊ぶのは楽しいし、


a0070671_2031724.jpg見た目はその様子は感じられないのですが。。。


a0070671_20312896.jpgふとした瞬間に物足りなさを感じているようなんですよね。もう、自分の居場所が分かっているんだなと思う今日この頃。次回の再就職は後ろめたさなく復帰できそうです。
[PR]
by migichan6 | 2007-06-09 20:35 | 子育てのお話

まるごとバナナ

  無職になって早一ヶ月ちょっと。そろそろ主婦業が板に就きはじめたころと思いきや、何を隠そう狂ったようにお菓子作りをしている私。お菓子作りって結構面倒!と言う割には、納得のいかないものができないもんだから、むきになって毎日修行してます。(苦笑)
  で、その犠牲になっているのが我が家の家族+お隣さんなのでありますが、私がつくるお菓子は基本的に日本のレシピが中心。で、基本中の基本?のロールケーキを毎日作っているわけでありますが、このロールケーキ、のの字を書いた形になるはずなのですが、
a0070671_1956533.jpg


  巻けない。。。のであります。
  という訳で今日もせっせとまた巻き巻きの練習です。。。

  レシピはこちら↓

  材料:たまごM3つ 私は4つつかってます。
      薄力粉40g
      砂糖50g (1.5倍で30×30の天板)
 作り方:
     1. ボールに卵白と卵黄を分ける。卵黄の方(A)には他の材料を全部入れる。
        オーブンは180度に予熱する。
     2 .Hand Mixerで卵白を泡立てる。逆さにしても落ちないほどの硬さにする。
       (A)のボウルはマヨネーズ色になる程度HandMixerで混ぜる。(低速で)
      3.メレンゲになったボウルに(A)をゆっくりと入れ切る様に・・・
     4 .平らになるように型に入れて180度で10分焼いて出来上がり。
     5 .生地が冷めたら好きな中身を入れて巻き巻きしてくださいね~☆
      
   ってこのレシピ巻きのプロセス無いじゃん!

  メモ(コツ、ポイント):
    薄力粉はふるってません。
    他の材料と一緒に低速でかき混ぜるとダマになったことは一度もないので・・・。
    気になる方はふるってくださいね~~。
  このレシピの生い立ち:
    時間のないときヽ(゚∀゚)ノ パッ☆と作りたくて・・・。
    本来の作り方をかなり簡潔に面倒なところを省いて作ったら、
    「これでじゅうぶん美味しい~!!」と気がつきました♡


  私はこのコメントに惹かれてこのレシピを使ったのですが、ここからどつぼに嵌って、修行の日々が始まってしまったのでありました。。。ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆っと作れないよう~~(涙)もう【まるごとばなな】でもいっか、と思う今日この頃でありました。

   ここまで読んでくださった方へのお礼の写真。真ん中のクマちゃんに注目!!


a0070671_2062649.jpg

[PR]
by migichan6 | 2007-06-09 20:07 | 家事のお話

無洗米の七変化

  日本の保育園にふみこを連れて行った頃、自宅の離乳食のメニューを毎日保母さんに、報告しなければいけなかったのだが、ふみこは食にうるさいというか、食が細いというか、出された食べ物を喜んで食べるタイプでなく、料理嫌いの私を困らせたものである。

  で、仕事も家事も子育てもある頃はいかに手抜きをし、しかも飽きさせないかが、私の日々の課題であった。その中でも気に入って作っていたのが、リゾット。リゾットは本当に楽。お米も研がなくってもいいし、あまりものの野菜をみじん切りにすれば、普段食べない野菜も平気で食べてくれるわけです。

  先日友達から日本のTVのDVDを借りたんだけど、そこである有名占い師がリゾットはお米を研がないから食べない発言をしていた。え?お米についているあの白いのって食べちゃいけないの?ってちょっと不安になったけど、リゾットを作るときお米を研がないのはでんぷん質を洗い落とすとあの滑りがなくなっちゃうんだって。そっか~、数○ちゃん、ぬかとしか発想できなかったからそういう発言だったのかしら?ぬか、というよりでんぷんと考えれば食べられるってのも不思議だけど。。。

  昔こそよく食べていたリゾットですが、今はさすがに飽きてきたらしく、最近はあまり食べてくれないので、あまったリゾットを翌日丸めてライスコロッケにしている今日この頃です。ライスコロッケは食べるのよね~~。
a0070671_8502913.jpg

[PR]
by migichan6 | 2007-06-01 09:09 | 子育てのお話
Copyright © Fumichanppe. All Rights Reserved.