ふみちんのお母さんにしてくれてアリガトウ☆

  ちょっと早いのですが、母の日のお話。オーストラリアの母の日は5月8日です☆
a0070671_77476.jpg


More
[PR]
# by migichan6 | 2011-05-07 07:52 | 街のお話

イースターのお話

a0070671_2021247.jpg

オーストラリアの子供の三大おとぎ話といえば。。。
1。サンタクロース
2。Tooth Fairy
そして。。。。
3。イースターバニー!

More
[PR]
# by migichan6 | 2011-04-29 20:31 | 子育てのお話

Moree再び

久々の投稿ですっかりしんみネタばっかりで失礼してます(苦笑)

しんみりついでにもうひとつしんみり。。。温泉の出る街Moreeにまたまた行ってきました。。。
a0070671_19572546.jpg


More
[PR]
# by migichan6 | 2011-04-29 20:01 | 街のお話

お墓参り

a0070671_1841438.jpg

 イースターは久々に旦那の実家ダボへ戻っていました。

More
[PR]
# by migichan6 | 2011-04-29 18:41 | 街のお話

温度差 その2

  東日本大震災が発生し早1ヶ月が経ちます。日に日に事態の全体像がクリアになって行き、色々な思いが交錯しています。

  今回の震災に関して色々な意見が飛び交っていますが、特に私が印象に残ったことが2点。

  1つ目は海外居住者の日本に対する思い。

  海外に生活の拠点を置く理由はそれぞれですが、海外に住んで初めて祖国を思う気持ちが強くなったというのは、海外居住者なら誰でもあるはず。加えて今回のような事態の中、祖国の為に自分の手で何とかしたいという自分に気づき、こんなに祖国は大切だったんだと改めて実感したものです。前回の投稿でも思いましたが、私と日本に住む親族友達との間にこんなにも温度差があったと実感したものですが、周りの友人にこのことを話すとやはり同じ思いでいると聞き、海外居住者の日本に対する感じ方は共通するものがあるんだなと思ったものです。この思いは連日各地で募金活動を立ち上げている皆さんも同じ思いなんだと思いました。

  2つ目は原発と経済。

  ある原発専門家のコメントでとっても気になる発言がありました。それは『日本には(原子力をコントロールできるだけの)技術はある』ということ。この発言は色々な意味を含んでいたように思えます。震災が起こる前のことを考えれば、今回の事態を防ぐことができるだけの技術はあったということだし、事態の発生後のことを考えれば、汚染された土地を浄化することは不可能ではないということです。

  ここで疑問におもったのが、原発というモンスターを手懐けられる力が日本にはあったにも係わらずやっていなかったというのはどうしてか?またこれから汚染された土地をクリーンにするための技術があるからそれをやらなければならないのだけど、果たしてそれはできるのか?ということ。

  この疑問に答えが出たのが『おカネ』でした。

  つまり、今まで技術があってもしなかった=費用がかかりすぎて手がつけられなかった、若しくは利益にならないことはやらなかった(資本主義の矛盾)。これから後片付けをする技術(知識)はある=費用がかかるがそれでもやる気はあるのか?元の利益ある生活には戻れないがそれでもやる気はあるのか?ということです。

  教科書でも載っているように日本はエネルギー資源が乏しい。或いは、あることにはあるけでどあの巨大な人口を支えるほどの資源を如何に効率的そして汚染物質を(即座に)出さないエネルギーをどんな形で手に入れるか。この問題に対して答えが出たのが今の原発のように思えます。そしてこの即座に害を及ぼさないエネルギーを無限に使って今までどれだけ裕福な思いをしてきたのかと思い知らされました。

  まさに今白熱している原発賛否両論に関して直ぐに答えがでないのではと思います。でもこれから日本が考えて行かなければならないのは、不便でも貧しくても、国民が健康で経済面で豊かでなくっても幸せであるかという点がポイントなのではないでしょうか?

  この間とあるオーストラリア経営者が、業績に悩み従業員のモチベーションをあげるために、目標を達成すれば報酬を与えると言ってみたが、従業員のモチベーションは上がらなかったという話を聞きました。この話にあーオーストラリアだなと思ったものです。彼らにとって裕福であるというのは、生活であって報酬ではないっていうことをよく分かっています。そして私たち海外居住者は日本はお金がなくっても裕福なことが沢山あることを、よく分かっています。

  復興という意味が以前の拝金主義でなく、本来の自然と伴に共生する豊かな日本の姿に戻るような舵であることを願ってやみません。
[PR]
# by migichan6 | 2011-04-15 05:01 | 日本のお話

温度差

  洪水のお話にやっと一区切り、と思ったところに今度は日本の大震災という恐怖に見舞われてしまいました。今年は本当にすごい年になってしまいましたね。。。

  大震災に関しては、ここオーストラリアでも臨時で日本の各放送局のTVをネット経由でライブでチェックできたり、またネットやソーシャルネットワークを通じて情報収集ができました。情報が遅れてきて、気づいたときには既に遅しという最悪の事態はなく、インターネットにこれほどありがたく思った日はありませんでした。

  もちろん情報に惑わされることもありました。海外居住者にとって身近に親族が居ない分、情報から想像するしかないので、ちょっとした情報に敏感になります。先に起こった洪水時の経験から天災時の不便さはよ~く分かっているつもりでしたが、今回はそれ以上に目に見えない災害(=原発)という想像を絶する恐怖に見舞われてしまったものです。

  TVの生中継を常にOnにするのはいいのですが、日に日に事態が悪化してくる状況を聞いていた矢先に、枝野官房長官が汗だくになって記者会見したあの夜、東電の幹部よりことの真相を抽象的に発表し、それをマスコミが『つまり空焚きですね?』と突っ込まれ、東電幹部が言葉を詰まらせたあの瞬間、こっちは放心状態になりました。TVの発表はどこまで真相で、どこまで最新なのかずっとそれが気になり、呑気に政府の発表を信じている家族に慌てて電話をしてしまいました。どの情報が正しいのかと。

  ブリスベンに住む日本人はここ最近本当に暗かった。この話題は気になってはいるものの、口に出せないくらいの雰囲気がありました。みんな日本を信じているんだけど、でも足が地につかないそんな状態。。。

  そんな海外居住者の憶測とは裏腹に、日本に住む親族、友人とコンタクトをとると私達ほど暗くなく、逆に元気を分けて貰ったくらい。この温度差に戸惑ったものです。

  日本の復興に向け、これから頑張る時期が来ると思います。天災は怖い、それ以上に事後災害はもっと怖い。ブリスベンの洪水、日本の大震災、伴に思ったこと。でも復興する力は思っている以上に強い。人間ってまだまだ可能性に秘めているものなんですね。日本の復興信じてます!日本人だったらできる、そう信じてます。

 **大震災により被災された皆様、そのご家族の方々、心よりお見舞い申し上げます***
[PR]
# by migichan6 | 2011-03-20 09:20 | 日本のお話

洪水に係わるエトセトラ

 久々にお金の話。

 と言ってもこの事態(=Flood)にちなんで洪水に係わるお金のお話。

 洪水が起こる前TVで演説を行ったQLDの首相、Premier Anna Blighの目は赤かったのは記憶に新しいところ。そんな事態への憂慮が感じるAnnaの演説後、オーストラリアの首相であるJulia Gillardは頭のいい操り人形みたいな口調で連邦政府からは17Milion(金額は怪しいですが。。)の予算を特別会計としてa充てると発表しました。この特別会計を『多!』と思った私に対して隣で『少!』といった友人(=中国系)。。。。小金で喜ぶ私、まだまだ修行が必要です(苦笑)。

 

More
[PR]
# by migichan6 | 2011-01-19 21:03 | お金のお話

洪水その後。。。

  洪水警報が出されてその後、家に帰り非常食を買い込んだその後、事態はかなり深刻になってしまいました。。。と深刻になったところで、ネットがぷつり。。。不通となってしましまいした!(汗)

  心配してくれたみんなには、我が家は大丈夫だよ~と伝えていたにも係わらず、ネット不通でかなりご心配お掛けしました!家は本当に大丈夫でまったく水に触れませんでしたが、実は歩いて2分もしない住宅地では浸水が起こっていました。

  我が家はブリスベンの中心部より車で30分くらいブリスベン川にも近いわけでも遠いわけでもない地区に住んでいるのですが、この地区は土地の起伏が激しいこと激しいこと!浸水の起こったご近所さんが一階にあたるしたら我が家は5階くらいのところに建っています。川の水も近くのCreekと呼ばれる小川から逆流してやってきたようですが、すべて我が家とは反対の方向へ流れていったのでした。洪水が起こるピーク時前、は本当に緊張感あふれていましたが、お隣のばあちゃんは1974年の洪水経験者。『あなたのところは大丈夫よ~』と太鼓判を押してもらったのが、心強かったですね(笑)。

More
[PR]
# by migichan6 | 2011-01-19 19:20 | 街のお話

洪水警報

 雨雨雨のブリスベンですが、遂に洪水警報が出ました。。。

 実は連日雨の続く中、あまり深刻に考えていなかった私(苦笑)。今朝仕事をしていると、旦那からうちへの帰り道が洪水になる可能性があるということで警告が出されているゾと、一報がはいりました。

 へ~そうなの~と相変わらず仕事をしている私に意外と警戒心の強い旦那は、叱り付け今すぐ帰れ、と。。。

 という訳で上司に許可を得て帰りました。とあくまでも日本人的な避難処置ですよね~。まぁ、実際に近場で洪水が起こっている訳ではないので、いまいち実感が沸かない私。でしたが、電車に乗ってみると電車の中はOffice Workerがびっちり乗り込んでいるではありませんか~!偶には旦那の言い分を聞いてみるもんだな。。。(笑)

 学童保育に預けたふみちんを迎えに行って家に帰ってTVを付けると、QueenslandのPremier(州の首相)がTVで洪水警告を州民に訴えているので、Premierレベルだったらクィーンズランドのどこかで洪水かなと実感が沸かなかったのですが、ブリスベンのMayor(市長)Campbelle氏が演説をし始めたのを見て、ちょっと危機感が沸いてきました。ありふれる雨の行く先はもちろんブリスベンリバーに辿りつくわけですが、今増水しているブリスベンリバーに更に、増水したダムの水を放流するという話。ダムの決壊による被害を恐れて今回の処置をするそうで、このダムの放流による増水により、浸水する世帯は6500世帯とCampbelle氏は説明。(注:1月11日午後5時の時点でこの数字でしたが、夜11時の段階で15,000と変わっていました。)加えてQLDのPremierのAnna Blighもこの話を受けてこの浸水は少なくとも今週の木曜日まで続くと説明。。。ここまで来るとさすがにやばいでしょ、と思い早速避難時に備えて買い置きをしにスーパーに行ってきました!
a0070671_17214098.jpg

 スーパーに行ってびっくりしたのは生鮮食品がほぼ売れきれ始めていたこと!加えて非常食の代表食である缶詰、インスタントラーメンもほぼ完売でした~。非常食の概念って同じなんだな。。。ってここで学んでどうする!(笑)

 そんなわけで、今週は家に閉じ込むる日が続きそうです(涙)。我が家はみんな無事なので皆様ご心配なく~~
[PR]
# by migichan6 | 2011-01-11 17:15 | 街のお話

血圧計

 
a0070671_204118.jpg

 ふみちん、初めて血圧計を試してみました。

 旦那両親は70代ということもあり、遊びに来るたびに薬やサプリメントの話を色々教えてくれます。今回お披露目してくださったのはオムロンの血圧計。

 実は私は血圧が低く、この点に関して旦那両親よりいろいろとアドバイスを受けていました。血圧といえば血圧が高いと問題視されますが、血圧が低いと根拠も無く大丈夫と言われるのが多いです。しかし旦那母曰く、血圧が低いと低いでそれはそれで問題ありだということでした。なので、日ごろから自分の血圧の平均値を知るのは大切なのよといわれ、今回もチェック。そんな光景を見ているふみちん、自分もやる~と興味津々(笑)。

 血圧を図る上で注意しなければいけないのは、両足を地面につける、測定中はお話しないと言うことでした。血圧計が腕を圧迫する瞬間声が出そうになったふみちんでしたが、なんとか終了!結果数値を見て、誰が一番?いう始末(苦笑)。血圧計をおもちゃにできる子供の思考に参ってしまいました(笑)。
[PR]
# by migichan6 | 2011-01-03 20:12 | 子育てのお話
Copyright © Fumichanppe. All Rights Reserved.